内観

初期費用がお得!敷礼ゼロの賃貸マンションなら引越ししやすい

入居時期の確認

女の人

居住エリアとしても人気のある池袋エリアで賃貸マンションを探す場合は、入居時期の確認が必須です。引越ししたい時期に合わせて入居を検討するなら、早い段階で物件探しや交渉をしておくと安心です。

詳しく読む

キャンペーンの活用

マンション

遊びにも仕事にも使える京都マンスリーマンションは、家感覚で京都に滞在できるスポット。1泊あたりも5,000円程度で安いですし、キャンペーンを利用すればさらにお得になるから活用しましょう。

詳しく読む

初期費用をゼロ

室内

お得に契約できる方法

賃貸マンションの契約時に必要なものと言えば、初期費用。この初期費用が高くてなかなか引越しに踏み切れないという人は多いです。しかし、この初期費用は敷礼ゼロの物件から探すと、大幅におさえることができます。まず、敷金はだいたい家賃の1ヶ月~1.5ヶ月程度。礼金はオーナー側のさじ加減になりますが10万円前後が多いです。家賃8万円と過程して計算してみると、18~22万円前後になり、これに合わせて仲介手数料や諸経費がかかります。しかし、敷礼ゼロの物件にすると、18~22万円かかるはずの初期費用がゼロになるので単純にお得になります。

敷金の性質

初期費用をおさえることで、気軽に新生活に最適な賃貸マンションを選べることは間違いないでしょう。ただし、この敷礼ゼロにすることで、注意しておかないといけないことはあります。それは、敷金の取り扱いであり、退去時にかかる負担が増えるということです。もともと、敷金は退去時のハウスクリーニングや修繕費用に充当されるもので、余分な金額は返還される仕組みです。しかし、敷礼ゼロの場合は、退去時にかかる敷金分の補填を支払っていないことになるので、別途かかることになるのです。もちろん、退去時に支払うからと言って費用負担が増えるわけではありません。むしろ、退去前に費用の準備をしてから対応できるので安心でしょう。このあたりは契約時にしっかり確認した上で十分納得した形で契約すれば問題ありません。それぞれの初期費用の性質を見極めた上で、希望に合わせた住まい探しを実現しましょう。

セキュリティ面の確認

空き部屋

賃貸マンションを名古屋で探す場合は、それぞれの生活を向上させるような物件を選ぶのがポイント。特に女性の一人暮らしではセキュリティ対策がしっかり取れている設備がいいので、条件指定で確認をしておきましょう。

詳しく読む